スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春季合宿in鳥取県

京都産業大学放送局~春期合宿in鳥取県

2月27日~3月1日

平成24年2月27日から3月1日まで、鳥取県鳥取市に3泊4日の合宿を行いました。
3回生4名、2回生10名、1回生12名が参加しました。
この合宿ではこれからのイベントについての話し合いが行われました。
1回生も知識をつけ、話し合いにも積極的に参加しました。
また、アナウンサー、ディレクター、テクニカルスタッフに分かれ知識の共有、技術の向上にも努めました。



---------------------------------------


3日目は楽しみだった自由行動。

まずは鳥取砂丘!

砂!砂!砂!



鳥取砂丘



目の前が一面砂というのは、圧巻でした。

入ってすぐの所にラクダと一緒に撮影できる場所が……!

初めて見た、ラクダ…………と飼育員さん(?)

一緒に撮影したいなー、と思って近づくと看板がある。

「ラクダと撮影ー100円」

お金がかかるなんて…。

「撮影は有料ですので、ご遠慮ください」

危ない、危ない。勝手に撮影する所だった。

そして、砂丘の高そうな所にのぼると、景色が綺麗。

海が一望。人が米粒のようで森の中にでもいるような、自然に囲まれている感じがしました。

深呼吸しながら、海を見ていると自称鳥取市民のおじさんに声をかけられました。

「おう、なんやどこから来たんや。東京か?」

京都から、合宿で来ていると言うと――――

「そうか、京都か!まぁ東京顔ではないよな(笑)」



失礼なおじさんでした。

そして、自称鳥取市民のオジさんと小粋なトークをしつつ海をみる。

癒されるなー、と思った頃ふとおじさんが






「まぁ、鳥取砂丘初心者はこの坂を駆け下りるわな」


ん…!?


この坂……を……?

どれほど、傾斜があるだろう…。

60度はあるぞ。

このおっさんは何を言ってるんだ…。

と思っていると、隣から坂を走り下りる私の友達。

何度もコケそうになりながらも下る。

下りきったその友達は、勢いを殺せず三回転。

セーフのポーズをとるその姿はどう見ても大丈夫ではなかった。

自然に周りの人が拍手しはじめ、盛り上がる坂の上。

次は誰と、はやし立てるおじさん。

「おい、次!メガネ!いけ!メガネ!」

メガネ私だけ。

――――――――――――――


結果



先に下りた友達を使って、スピードを落としたら

衝撃が吸い込みきれず、二人で砂に埋もれながら倒れてしまいました。

―――――――――――――――


そのあとお金を払ってラクダと写真撮影。


ラクダ




鳥取砂丘を後にしたあと

鳥取港の近くの海友館へ…

海と友達の館

どんな所だろう

パンフレットに載っている雰囲気では

子供が楽しそうに遊べる館だった。

せっかくだから、鳥取砂丘ではしゃいで

海友館で遊んで

お風呂に入って帰ろう!

なんて話ながら、バスを乗り継いで

海友館へ……!!








閉館してました…

そして、私たちは海と友達になれないまま

海友館をあとにしました。





次に賀露市へ行き

おいしい海鮮丼を食べました。

海鮮丼


これが、新鮮で美味しい刺し身が沢山のっていて

これだけで、鳥取に来て良かったと思いました。


---------------------------------------


ホテルへ帰った後は

2回生の人の出し物があり

みんなで盛り上がりました。



締める所は、締め。

遊ぶ時は、遊ぶ。


そんなこんなで、とても楽しい合宿でした。


明日から合宿。

明日から、鳥取まで合宿です!

3泊4日!

温泉で癒されるぞー!


END.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。